今日はちょっと…というようなHを断りたい時に使える理由をまとめました。

MENU

セックスの断り方

女性にとって愛するパートナーとのセックスであっても、気分の乗らないことがあったり、どうしても体調が優れないときってありますよね。

 

そういうとき、無碍に相手の誘いを断ってしまうとどうしても角が立つものです。
そういうことにならないためにも上手なセックスの断り方を解説します。

 

生理を理由に断る

やはり定番のセックスの断り方がコレです。
生理であれば女性の体調を気遣って男性もすぐにあきらめてくれるはずです。
ただあまりに頻繁に理由にしたり、男性に生理の周期を知られているときは矛盾する回答になってしまうので注意が必要です。

生理期間中はどうしたらいい?

 

体力を理由に断る

「明日仕事は早いから今日はごめんなさい。」
「とても疲れていてごめんなさい。」
といったように、性欲よりも休息が必要だということを訴えて断りましょう。
「どうしてもするなら早くしてね。」など条件をつけてセックスしましょう。

 

ストレートに「今日はそういう気分じゃないの。」

意外なほどにセックスを断る理由をあれこれ考えてしまうと理由によっては、「こいつは浮気をしているんじゃないか?」と勘繰られてしまうものです。
むしろストレートに「今日はそういう気分じゃないの。」と一言いうだけで相手は妙に納得して諦めるものです。

 

前戯だけで勘弁してもらう

どうしても相手がおさまらないときは、フェラをしてあげたり、手コキをしてあげたりして射精させてしまうのも手です。
男性の場合は、射精をしてしまうと性的な興奮というものはすぐに低下してしまいます。

 

 

このように男性からのセックスの誘いを断るにはさまざまな理由が思い浮かびます。
断り方によっては、相手の男性を傷つけたり、浮気を疑われたりするので、よく断る理由を考える必要があります。
相手に嫌われないためにも上手なセックスの断り方を心得ておくことは重要です。