普通じゃ物足りない?!30代の理想を叶えるエッチの内容

MENU

30代の理想のH

 

愛情は当然の前提との考え

エッチするからには愛情が第一、それは女性の年代問わず変わらないことです。

 

しかし女性は30代にもなると、男性を見る目にも自信がついてきます。
このため、恋愛において愛情があるかどうか、こういった不安は感じなくなり、愛情の大きさはもはや当然の前提として扱われます。

 

つまり、愛情溢れるエッチを求めないのではなく、愛情を求めなくてもそこに愛情があるのは当然と考えるため、敢えて「愛情」を優先しなくなります。

 

そして女性はさらにテクニックによる快楽を得たいと望むようになるのです。

 

 

特殊なプレイに目覚める年代 

愛情が当然の前提になる以上、エッチにおいては何よりも快楽を求めます。
このため、特殊な様々なプレイに興味を抱くのも30代の女性の特徴で、言わば最も女性がエロくなる年代とも言えます。

 

これはエッチの経験が豊富になってきたため、マンネリを感じるようになるのも一つの原因です。

 

何度もイクような濃厚なエッチ、複数プレイ、異なったジャンルなど、愛情がありつつもこうした特殊なプレイを求めるようになり、男性のテクニックを重視すると同時に、マンネリの打開も狙っているのです。

 

 

刺激あるエッチが理想

30代女性の望むエッチを一言でまとめると、“刺激のあるエッチ”が理想ということになります。

 

淡白なエッチは既に飽きるほど経験していますし、子作りを狙う女性に至っては、エッチが淡白だと作業のような感覚に陥ってしまいます。

 

30代になると結婚し、エッチする機会が増える女性も多いため、普通のエッチでは物足りなくなってしまうのです。

 

何事においても「慣れ」という言葉があります。
「慣れ」がエスカレートすると「飽き」になり、飽きてもやめられないことに対しては「新しい刺激」を求めます。

 

これはエッチにおいても例外ではなく、30代の女性はこうした感情を最も強く実感するのです。